占い

【プロが解説】2021年国会議員のお仕事を手相で見るとどうなるか

こんにちは静岡 富士市の「アナタ」のギフト(才能)絶対覚醒!お仕事占い専門家 涼順です。

独立・開業・天職・転職・適職のご相談はおまかせください

メディアには決して出ない『手相の真実』を教えます!

画像はまったくのプライベートな時ですが、衆議院選挙前に田中けんさんとバッタリお逢いして一緒に撮らせていただきました。

うちの近くのコンビニに行ったら、選挙カーがとまっていて「田中けん」の文字が!
油断しているので普段着な恰好ですみません(笑

投票日の前日ということもあって、一番お忙しいタイミングであったと思いますが気軽に対応して下さいました。

少し懐かしいお話もしながら「手相を拝見」

(お!これはきっと大丈夫だなぁ)と思いつつも

「占いは基本は合否など不確定な要素は禁忌」とされていますので口には出さずに
「素敵な未來が待っていますので、是非がんばってください!応援しています」
(自分自身のことを占う分には全然問題ありません)

とお伝えしておきました。

次の日の開票で、見事当選されていました。

けんさん「おめでとうございます!」

※だたしこれは特定の政党や個人に肩入れしているというわけではありません。政治的な理由は特にないことをお伝えしておきますし、誰に投票したかは公には発表しません。

alt="国会議員と一緒にとる占い師"

けんさんは2018年とかは結構お逢いしていました。(当時の写真)
「手相」を観るなかで、今後の動向や政治家としての才能をご説明させていただきました。

そのアドバイスが今回の選挙でお役に立てていれば良かったと思います。

そしてその2018年当時はライバルが故・望月義夫先生でした。(よっちゃんにおまかせで有名な)

alt="占い師と政治家"

画像は先生のクリスマス講演会にゲスト出演した時のものです。
手相講座で皆様を楽しませて欲しいというご依頼でしたので行ってきました。

先生は「現・岸田総理」の派閥の事務総長でいらっしゃいました。
大臣経験を経て、当時は災害対策委員長として国政を担っていました。

ちょうど熊本を含めて災害が酷かった1年でしたので、全国を飛び回っているとおっしゃっていました。

「手相」を拝見させて頂いて
「健康状態が少し気になります。○○が悪いようですので無理はなさらない方が良いです。」

とアドバイスさせていただきましたが
「いろいろと飛び回って忙しくてそうも言ってられないんですよね。」

と懸命にしていらしたのが印象的でした。その他この先の「未來の事」や「転換期の予測」またプライベートなお話などきさくに話していただきました。

それがまだお若くしてご逝去されたと知って、もう少し無理してでも強めにお伝えしておけば違ったのかとも感じました。いまでも悔やまれます。

alt="市長と占い師"

こちらは市長を鑑定をした時の様子。
市長にも観えた未來のことや今後の展望をいくつかご説明させていただきました。

豪快な方でアドバイスにも「ガッハッハ!」と笑って受け止めてくれましたが、健康面は笑いごとじゃないですから気を付けてください!とお伝えしておきました。

そしてこれまで政治家の方の「手相」を見て思った事は、手にあるものは「特別」なものや「才能」ではないということです。

望月義夫先生の「手相」を公開していますので良くみていただければ分かると思います。(当時、ブログなどで公開するための許可は先生ご本人から頂いています)

何か凄い「手相」ということではなく、あくまでご本人の努力などでそこまできた。
「手相」だけでもし判断するならもっと成功していてもおかしくない方はたくさんいるということです。

凄い方でも同じ「人間」ですので

  • 「やるかやらないか」
  • 「それをいつやるか」
  • 「そして継続できるか」

などの要素のほうが「才能」なんかよりよっぽど重要なんだなとあらためて感じました。
意外と拍子抜けするような結果になったかもしれません。

そんな涼順の才能を覚醒させる鑑定はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。