占い

【必見】転職のタイミングはいつが良いの?占い師が丁寧に解説

こんにちは静岡 富士市の「アナタ」のギフト(才能)絶対覚醒!お仕事占い専門家 涼順です。

独立・開業・天職・転職・適職のご相談はおまかせください

メディアには決して出ない『手相の真実』を教えます!

転職のタイミングはいつが良いのか

です。このテーマは占術ベースで言うと僕がやっている手相が一番得意とするところだと思っています。

理由があって手相には流年法というテクニックがあります。

これは年齢を具体的に計算することで、過去現在、また未来に起こる事まで手の線に刻まれていますよ、それを調べますよといった便利な技となります。

過去の事が分かるとだいたい驚かれます!

ただ、占っているこちらからするとできて当たり前というか。

転職のタイミングは手相の流年で分かる

現在は流年上の年齢と重なっていれば今が転機となります。←ここ重要!

そして未来の事となると今から起こる事ですので答え合わせができませんが数年後とかになってご感想を頂くとことで整合性が取れます。

alt="手相を観る女性の画像"

実際に僕はまだ4年しかこの流年の答え合わせが出来ていない分けですが(2016年より始めましたので)それでも流年通りの年齢に事が起こり、結婚離婚起業転職された方から感謝のお言葉を頂いてきました。

自分の事ながらやっぱりこの流年というテクニックは素晴らしいなと思います。

メジャーなところの元祖は西谷泰人先生です。

他にもいろんな先生によって年齢の割り出し方が違います。

誤差があるのは解釈の差かもしれませんのでそれはまた後述します。

手相で出るのは環境の変化

 

長くなりましたが手相は環境の変化が出やすいです。

ただ難しいのは環境が変化した事実がでるのではなくそれを意識したかどうかが出るという事になります。

実際に転職するかどうか刻まれていない場合もあります。それは転職が貴方にとってそれほど思い切ったものでもなく意識をしないで行われるだけだったりします。

具体例をあげますと、今までサラリーマンでそれなりにやってきた人が跡取りの関係で家業を継ぐ(代替わり)とします。

作業自体は若いころからやっていたし、今でも忙しい時は手伝ったりしているとします。こういった方がサラリーマンをやめ家業を継ぐという転職をした場合は変化として現れない事があるのです。

日常の中でどれだけ意識として大きく捉えているかの、心のありようが大きいという事になります。

手相は変化が全てが出ているわけではない

手相が変わるという事を聞いたことがある方は多いかと思いますが本当にめちゃくちゃ変わります!

これは実際にその方の意識や環境が変化すればするほど大きく変化します。

主要線が大幅に変わるというのは年単位の動きにはなりますが、細かい線が出たり消えたり太くなったり短くなったりはしょっちゅうです。

手相見れる人なら自分の手を見ていればそれが日常だということがすぐに分かります。

それを踏まえて実際に鑑定をしていきます。

Aさんは某メーカーの営業職をしていました。

それなりに仕事をこなすことはできていたものの、特に営業はやりたい事でもなくかといって辞める理由もなく悶々としていたそうです。

そこで手相を見たら自分への投資といった才能が大いに成長中でした!ギフト発見!!

聞いてみた所、自己投資や調べものは確かに好きではある。資格にも興味があるという事でしたので得意分野での資格を二人で探します。

○○歳に転職すると良いよー出ていますのでそこに間に合わせましょう!

それまでに資格の取得と転職に向けた準備をしましょう。

資格の取得には時間やお金といった投資がありますが、こういった事に素直に向き合えるのって才能だと思います。いつかやると思っている方にいつかは訪れませんので!

それから頑張って勉強しましたが楽しかったからまったく苦ではなかったようです。

実際に合格率で言ったら中々の低さで僕も驚いたのですが、○○歳に転職があるという目標が分かっていたのであとはやるだけですと言っていました!

目標が見つかった方は凄いですね。エネルギーが満ちてあふれ出そうです笑

そして今Aさんはというと今、資格を活かした仕事先でご活躍されています!

未来に変化が出ていても動かなければ意味がない

 

このように変化がでていてもやるのは自分だよ!といった基本的な考えにたどり着きますがもうこれが全てだと思います!!

占いの結果で貴方はきっと良くなります!という事も言えますが結果にフォーカスしなければその方の本当のお悩みは解決できないと思います。

ということで今回は転職のタイミングについてでした!

そんな転職のタイミングが分かる涼順の鑑定はこちら!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。